いろは堂です。

この記事では、初心者の方にとっては最初の難関である、
「そもそも、どういうテーマで情報を発信するのか?」
という内容の解説をさせていただきます。

ただ単に「情報を発信しろ」などと言われても、
どんなテーマを扱えばよいのかで悩んでしまって、
そこから動けなくなってしまうケースが多いものです。

あなたは、どうでしょうか。

「深い悩み」と「強い欲望」

どのようなテーマ・ジャンルを選択するかというのは、
これははっきり言って、個人の「性格」や「適性」による、
という答えがすべてです。

ただ、それを言ってしまうと話が終わってしまいますので、
扱うべきテーマを決めるにあたって「考えておくべき点」について
説明します。

まず、メルマガを主体にしてアフィリエイトを進めていく場合には、
「深い悩み」あるいは「強くて明確な欲求」をもつテーマが向いています。

芸能人も使っているからといった感じで、
軽~い気持ちで購入してくれるようなタイプの商品では、
わざわざメールマガジンに登録してもらうことは難しいからです。

いわゆる「鉄板」と呼ばれるジャンルでは、

【悩み系】
 ・体と心の悩み ・恋愛の悩み

【欲求系】
 ・資産運用などの「金融系」 ・副業を含めた「稼ぐ系」

といったものが挙げられます。

こう書くと「それだけ?」と思われるかもしれませんが、
これらの中には、さらに、細かいジャンル分けが行われており、

「体と心の悩み」であれば、
 うつ病、ダイエット、不妊、多汗症……などなど、

「稼ぐ系」であれば、
 せどり、アフィリエイト、オークション、情報起業……などなど、

と、様々なテーマを扱った商材が公開されています。

まずはインフォトップなどのASPを覗いてみて、
そこで公開されている商材が、どのようなテーマを扱ったものであるか、
そして、その「悩みの深さ」「欲求の度合い」は、
どの程度のものなのか?を見極めてください。

その上で「このテーマなら自分もメルマガ登録してしまうかも」
と思えるジャンルを扱うのが一番です。

と、ここまでが基礎知識です。

売れるジャンルなら、何でもよいのか?

その上で、気を付けて頂きたいのが、

「鉄板」ジャンルであれば、何を扱ってもよいのか?

という点です。

つまり、「稼げるジャンル」を選ぶのか
それとも「興味があるジャンル」を選ぶのかという問題です。

私の場合は、いくら「鉄板」と呼ばれるジャンルでも、
興味がないと続けられない、というのが判断基準なのですが、
これは、人によって異なってくる部分です。

むしろ、世の中には、
「稼ぐためなら、どんなことでも出来る」というタイプの方もおられます。

いくら興味のないジャンルでも、稼げるのであれば何でもできる。

そんなタイプの方であれば、
迷わず「売れるジャンル」を選べばよいでしょう。
それで問題なく成功できると思います。

そういう人は要するに、
「稼げる」ということ、つまり「お金」が好きなのです。

他の何よりも「お金」に興味があって
「そのためなら何でもできる」というのなら、

「稼げるジャンル」=「興味があるジャンル」

といって差し支えないと思います。

ただ実際には、そんな方は少ないのではないでしょうか?

少なくとも私の場合は、興味がないことを強要されると、
体が腐ってくるくらいの嫌悪感を感じてしまうタイプなので、
「自分が楽しめるテーマかどうか」というのは、とても重要なのです。

ですから、もしあなたが私と同じようなタイプなら、
迷わず「興味のあるジャンル」を選ぶことをお薦めします。

では逆に、
「興味のあるテーマがない」という場合は、どうでしょう?

その場合はもう、
「売れるジャンル」「鉄板ジャンル」と呼ばれるものを選んでください。
そこからスタートするしかありません。

その上で、そのジャンルの専門書をいくつか読んで、
興味を持っていけばよいのです。

人間って、知識のないものに対して興味を持つことはあり得ません。
飛行機の存在を知らない人は、飛行機に興味を持てるはずがないのです。

まずは、どれか一つのテーマを選んで、
その分野の知識を得るところから始めてみてください。
おのずと「興味」が湧いてくる分野が見つかるはずです。

そもそも「情報商材」でないと、ダメなのか?

次に、そもそも「情報商材」でないとダメなのか?
という点について解説します。

つまり、A8やアフィリエイトBなどの一般ASPが扱っているような
「物販」の商品を扱ってもよいかという問題なのですが、

これは、あまりお薦めできません。

少なくとも、メインの商品として「物販」を選ぶのは避けた方が無難です。

というのも、物販商品の場合、
インターネットだけではなく、一般の小売店までが競合してしまうためです。

そのジャンルで世の中に出回っている商品は、数限りなくあります。
それらすべてをライバルとして、ビジネス展開しなければならないのです。

また「物販」の場合、
あなたの紹介で買う、というタイプのものではありません。

購入者は、まず「クチコミ」や「値段」をみて、
比較検討して購入するかどうかを考えるのが一般的だということです。

そのため、まずは、
役に立ちそうな「情報」や「ノウハウ」を求めている人たちを対象に、
情報そのものが商品になっている「情報商材」をメインにすべきなのです。

「情報を求めている人たち」だからこそ、
情報を発信するメールマガジンに登録してくれるのだと思ってください。
その方が簡単です。

難しく考える必要はありません。

あなた自身が「もっと知りたい」と感じられるようなものを
テーマに選べばよいのです。

それこそが、あなたが最も最短で成功できて、
なおかつ、収益を上げ続けていくことができるテーマなのです。
 

いろは堂でした。
 

【追伸】
とはいえ、最初のテーマ選定ほど重要なものはありません。
ここは時間がかかってでも、十分に検討を重ねてみてください。

まずは、あなたの経歴、興味のあること、特技などなど、
色々なものを、ノートに書き出してみることをお薦めします。

その上で、
そのテーマをどのような「切り口」で情報発信していくか
ということを考えてみてほしいのです。

私と同じようなテーマでも、
あなたなりの「切り口」さえ見つかれば、
それは唯一無二のジャンルになります。

大丈夫です。あなたにならできます。
あなたにしかできないことがあるのです。
 

> いろは堂ブログ講座、記事一覧はこちら