いろは堂です。

せっかく頑張って文章を書いても、それだけでは、
あなたの記事は、ほとんど読まれません。

ここでは、きちんと記事を読んでもらうために必要なことと、
そのための3つのステップについて説明します。

あなたのブログに「読む理由」はありますか?

サイトの訪問者に、せっかくの記事を読んでもらうためには、
きちんと「読む理由」を与えなければなりません。

読んでもいいかなと思える「理由」がなければ、
わざわざ時間を割いてまで、記事本文を読もうとは思えないのが、
基本的な訪問者の心理なのです。

特に、検索サイト経由で来た訪問者の場合、
いきなり記事の文章をじっくり読んでくれることなど、まずありえません。

まずページをザっと眺めて、
「読みたいと思えるものがあるか」を確かめるというのが、
普通の人の、当たり前の行動です。

あなたも、そうですよね?

ページを開き、パッと眺めて判断。
「たいしたことないな」と思ったら、すぐにページを閉じる。

その間、わずか3秒です。

そう、ザっと眺めただけで、
肝心の記事は全く読まずにページを閉じるのです。

そのため、まず文章を読んでもらうには、
読み手に興味や関心を持たせて、「直感的」に、読む理由を与える必要があるのです。

訪問者は「読む理由」を、どこで判断する?

では、ものの3秒で、
読者はどこを見て、読むかどうかを判断しているのでしょうか?

それは、端的に言ってしまえば、

  1. 記事タイトル
  2. 最初の3行
  3. 記事中の各見出し

の3か所です。

もちろん、目を引く画像などが準備できれば、それを加えても構いません。

ただ、画像には使い方次第で一長一短がありますし、
初心者の方が「ドンピシャ!」な画像を準備するのは少し難しいかもしれません。

そのため最初は、

「記事タイトル」「最初の3行」「記事中の各見出し」

の3か所にだけ、意識を向けるようにしてみてください。

とはいえ、これらの3か所が大切なことくらい、だれでも知ってますよね。
そのため以下では、念のために軽~く、この3つの重要箇所についておさらいします。

「記事タイトル」を意識しなくてはならない理由

訪問者がどのようにサイトやページを見ているかについては、
有名な「Fの法則」と「Zの法則」があります。

これは「法則」というほど難しいものではなく、
画面上を、アルファベットの「F」の形や「Z」の形に沿って
ささ~っと目線を動かすというものです。

どちらにも言えることは、
訪問者がサイトを見たとき、まず、ヘッダーや記事タイトルから見始めるということです。

当たり前ですよね。

ただ、これが出来ていない人が本当に多いのです。

いくら内容の濃い記事が書かれていても、読まれなければ、何の意味もありません。

また、記事タイトルとコンテンツの内容に一貫性がなければ、
ちょっと目を通して「なんだ?これ?」とページを閉じられてしまいます。

記事タイトルには、記事の内容に直結していて、
ちょっと目を引く、ちょっと気になるといった読者の感覚を刺激するような
フレーズを盛り込むのが、読者を引き付ける第一歩です。

「最初の3行」で、スクロールするかどうか決まる

スマートフォンの普及によって、
以前よりも縦に長いページに対する抵抗は薄れました。

それでもページの訪問者は、
すぐにスクロールしてページ全体を眺めてくれるわけではありません。

読み手に興味を持たせて、記事本文を読ませるには、
「スクロールしてみようかな」という、心の壁を取り払ってあげる必要があるのです。

そのために重要なのが、冒頭の3行です。

この3行では「記事の結論」と、
それが読み手にとって「どのようなメリットがあるか?」を簡潔にまとめてください。

最初に結論を書く。
あるいは、最初にメリットを書く。

そうやって訪問者を引き付けてから、「それはなぜか?」と書いていくのです。

記事タイトルと冒頭の3行で、
「ズドーン!」「バキューン!」と、読み手の心を打ち抜いてください。

それができて、ようやく訪問者はページをスクロールしてくれるのです。

「記事中の見出し」で、興味をかきたてろ!

そしてページをスクロールさせることができたら、
次に大切なのが、記事中の「見出し」です。

この時点でも、まだ、
訪問者は「記事を読むかどうか迷っている」状態だということは忘れないでください。

ポイントは、
1スクロールか2スクロールにつき、必ず一度は見出しをいれること。

そして、なるべく訪問者の感覚に訴えるフレーズを盛り込むことです。

ちなみに、アフィリエイトでなかなか成果が出ない初心者の方は、
SEOを意識しすぎているように感じます。

ですが、はっきりいって、

「見出し」には、SEOのためのキーワードを盛り込むことより、
訪問者に興味を持たせることの方が、よっぽど重要です。

せっかく検索サイトで上位表示できても、
訪問者がサイトに興味を持って、記事を読んでくれなくては意味がないのです。

タイトルや見出しにSEOキーワードを盛り込むこと自体は、否定しません。

でも、せっかくなら、

訪問者の感覚に訴える、魅力のあるフレーズを盛り込んだ方が、
精読率も成約率も高くなるということを覚えておいてください。

そのために必要なのが、心理学を応用したテクニックです。

心理テクニックを使って、訪問者を釘づけにする「4つの方法」

また、訪問者の心を直撃するフレーズのポイントは、
心理学のテクニックを応用すれば実に簡単です。

「記事タイトル」「冒頭の3行」「記事中の見出し」の3か所に、

  • 訪問者の悩みを直撃する
  • 希少性を訴えて煽る
  • 新しさをアピールして好奇心をそそる
  • 意外性を感じさせて興味を持たせる

の4つを盛り込むだけ。
たったそれだけのことで、簡単に読者の反応が変わってきます。

ただ、さすがに文字数が多くなってしまいました……。

そのため、この4つのポイントについては、
心理学的な効果を踏まえながら、詳しく別記事で解説していきます。

いずれも簡単なことばかりなので、ぜひ、取り入れてみてください。
 

いろは堂

> いろは堂のブログ講座、記事一覧はこちら